ワクチンで医療崩壊!?

不整脈が悪化した気がして、近所のクリニックへ。

行ったのが5月1日、次回予約が6月14日。ゴールデンウィークを挟むとはいえ、次回予約が1月半近くあとになってしまいました。「平日でもいつでも良い」と言ってこれって…。

そんなに混んでるのかと尋ねたら、ここにもコロナの影響が。
近々、この地区でもワクチン摂取を開始する予定なのだそう。そのために医師のスケジュールを確保する必要がある。
でも、いつから、どのくらいの量を、どんなペースで行うのか、まだわからないから、どうなっても対応できるよう、診療予約はとにかく最低数のみにセーブしている、ということらしい。

コロナ患者が増えることで、救急車が遅れたり病院のベッドが足りなくなったりするのは、(とても怖いことだけど)まだ理解できる。
でも、コロナを予防するためのワクチンのために、コロナ診療もせず入院施設もないかかりつけ医にまで、影響があるとは…予想外だった。コロナそのものの影響というより、ワクチンの入荷スケジュールが決まっていないせいだから、人災みたいなものでもある気はするけれど。

これが医療崩壊かと、実感。

世の中の病気はコロナだけじゃないし、入院どころか検査もすぐにできないような状況なら、しばらくはいつも以上に健康に気を付けないといけないなぁ。

 

私の健康法は、とにかく自分の欲を満たすことです。

身体が脱水すれば喉の渇きを感じる。人間ってそういうシステム。

同じように、何か食べたいものが頭に浮かんだら、きっとその栄養が不足しているという身体からのメッセージなのだから、できるだけすぐに、満足するまで、それを食べる。

口にするものだけじゃなくて、運動や睡眠、機嫌(ストレス)、空気や日光もぜんぶ、自分の欲に正直に調整をし続ければ、健康でいられると思っている。つまり、健康はひめぐらしの延長にある。

今回体調を崩したのは、自粛生活によって叶えられていない欲がたくさんあったのが原因かなぁ。

あとマスクで息苦しさ(酸素欲)を感じてたのに、無理してつけていたこと。マスクしてると明らかに夕方の顔色が黒くなるのは私だけ?コロナは怖いけど、酸欠も危ない。気を付けよう。

 

余談だけど、健康法は、思想で、信仰です。

不老不死が叶っていない以上、健康法に確かな正解なんてないんです。
だから、自分の命は、それぞれの信じる道に懸けるしかない。

・たくさん運動したほうが健康になると主張する人もいるし、心臓の打てる回数は決まっているからゆっくり動いて脈拍数を上げないほうが長生きすると主張する人もいる。

・お米こそが元気の源だという人もいれば、炭水化物は毒だという人もいる。

・お酒は薬か毒か。

どれが正解かはわからない。数年前の常識がひっくり返ることだって多々ある。

ただわかるのは、文字通り命が懸かっているわけだから、人に対して責任なんてとれないし、押し付けていいものでもないってこと。
健康法は、信仰と同じです。

コロナなんて新しい病気、それこそわからないことだらけなのだから。
上手い話や流行や情報に飲み込まれず、自分の信じる道を持っていたほうが強い、と私は思う。

 

外でビールが飲みたいです(※昔の写真)